女性の中には、自分のスタイルを維持するためにスポーツなどの運動を楽しんでいる人もいます。

体を動かすことは健康のためにもとてもいいことなのですが、レーザー脱毛後は控えたほうが無難です。

なぜ、レーザー脱毛後にスポーツなどの運動をすることは控えたほうがいいのでしょうか。

これは人によって個人差があるものにはなりますが、レーザー脱毛後というのは肌がとても敏感な状態になっているものです。

軽いやけどのような状態になっており、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

刺激というのは何も強い刺激だけではありません。

運動の際に使うデオドラントスプレーや日焼け止めなどはもってのほかですし、運動をして汗をかくというのも刺激のうちに入ってしまうのです。

そのため、多くのクリニックやサロンではレーザー脱毛後には激しい運動を避けるように、と指導しています。

運動だけでなく血流がよくなること、例えば長く入浴することなども避けるようにと指導されるはずです。

また化粧なども制限されます。

人によっては、レーザー脱毛後に脱毛した場所に刺激を与えると痛痒くなってしまったり、あるいは跡が残ることになってしまう可能性もあります。

必ず施術をした場所で受けた指導は守るように徹底しましょう。

全身脱毛を受けたい

私は自分でアクセサリーを作って、ネットで販売をしてきました。
もう5年ほどになりましたが、自分で作ったブレスレットなどは自分の手をモデルにして
ブログで紹介することもあります。
新作でブレスレットを作りましたので、ブログに自分の腕につけて紹介したのですが、
そのブログの画像を見た友人がメールで「指のムダ毛が濃いのが分かるような画像だね」と書いて
きたのでした。
そのメールにちょっとショックを受けてしまったのでした。
確かに私の手の指も足の指もムダ毛が濃いなと思いました。
ネットで全身脱毛をしてくれるというサイトを見ていて、自分の手の指と足の指のムダ毛を
脱毛してくれるのなら、全身脱毛を受けようかなと思っています。

プチ贅沢で節約

家計が難しくなると何でもかんでも節約、節約と出費を抑えようと
するのですが、それがどんどんとストレスとなり、突然、大きな
出費に迫られるというようなことが、私も往々にしてありました。
そんな時、少し本で読んだのですが、富を感じることが富を呼び込む
というものだったのです。とにかく、節約して貧乏生活が染み付くと、
貧乏な金回りまで呼び込むというお話でした。そのようなことを
知った私は、お金を節約しながら豊かさを感じる工夫をしました。
それが、ちょっとだけの贅沢をするプチ贅沢です。
コーヒーはよくマクドナルドを利用しますが、そんな時のプチ贅沢は
アップルパイを一緒に頼んだり、コーヒーをカフェラテにしてみたり。
ちょっとした贅沢かもしれませんが、それを味わうことで、意外にも
私の出費が減ったのです。プチ贅沢をしながら、月間のトータル出費は
マイナスになったという結果に、思わず感謝しました。
クーポン券というのはそんな私のプチ贅沢の強い味方になっています。

小さくて無名の消費者金融

ひとくちに消費者金融と言っても、業界最大手の有名な大会社から無名の小さな会社まで様々です。無名の小さな会社だと、やはり利用するには心配な気持ちが湧いてくることが多いものです。
その心配は別な言い方をすると、用心と言ってもいいでしょう。何しろお金の貸し借りなのですから、トラブルや犯罪被害などに遭わないように、用心するに越したことはありません。
もちろん、小さな消費者金融が全て危ないと決めつけることはできません。それは、どんなジャンルの業界の会社にも共通して言えることです。しかし貸金業界においては、他の業界よりも小さな会社は心配になることが多いような気がします。やはりお金の貸し借りというものは、非常にデリケートだということです。

専業主婦のお金の借り方

急な出費や内緒の出費など女性もお金が必要になる時はあるでしょう。
返済計画さえきちんとできれば、今はキャッシングの方法も複数あって便利です。
ところが返済能力の有無が審査の重要なポイントだということで、専業主婦の場合は少し考えなくてはいけません。
専業主婦でもアルバイトやパートによる安定収入があれば、消費者金融でも銀行でも借り入れは可能です。
まったくの無収入の専業主婦の場合は、大手の消費者金融は審査には通りません。
貸金業法によって規制があるからです。
その場合は選択肢はふたつになります。
ひとつは配偶者貸付対応のキャッシング会社で借入することです。
貸金業法で定められた配偶者貸付というものを利用するのですが、夫の同意確認など手続きが必要です。
女性専用のキャッシング会社では対応しているところも多いようです。
ただし金利は高めになっています。
もう一つの方法は銀行系のキャッシュローンです。
銀行は貸金業法の対象外で、独自の審査基準があるからです。
借入限度額は30万円くらいと低めですが、金利は消費者金融よりは低めです。
家族に内緒で借入れたいという人は銀行系がお勧めです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11